[脱獄不要]iPhoneでゲームのセーブデータをバックアップする方法

こんばんは、くろさるです。

iPhoneのゲームって、基本的にアプリを削除したり、本体を初期化したりするとセーブデータが消えてしまいますね。「なめこ栽培キットDeluxe」のようにサーバーにセーブデータをバックアップしてくれるものもありますが全部のゲームがそうではありません。

そこで、iMacを使ってiPhoneのゲームアプリのセーブデータをバックアップしてみました。

今回セーブデータをバックアップしてみるのは「Angry Birds」です。

Save bup 16

スポンサーリンク

iPhoneのセーブデータをバックアップするために使うのは「iFunBox」というアプリ。こちらのURLからアクセスします。

http://i-funbox.com

「iFunBox For Mac」をクリックして「Download for Mac」からファイルのダウンロードページに移動します。

Save bup 02

iFun Box for Macの最新版「v1.5」をダウンロードしました。「.dmg」をクリックするとダウンロードできます。

Save bup 03

ダウンロードした「dmg」ファイルをダブルクリック。

Save bup 04

アプリケーションフォルダにコピーします。

Save bup 05

Lounchpadに表示されますが最初はここからは起動できません。

Save bup 06

Finderからコンテキストメニューを開き「iFunBox」を起動します。

Save bup 07

「iFunBox」を起動したら「iPhone」をMacと接続します。

ユーザーAppから「AngryBirds」「Documents」を開きます。

Save bup 08

「Documents」の中のファイルを全て選択して「Macへコピー」をクリック。

Save bup 09

適当なフォルダを開き「Open」をクリックします。

Save bup 10

ファイルがコピーされました。これでセーブデータがバックアップされました。

Save bup 11

確認のために一度アプリを削除して、再インストールしてみます。

Save bup 18

再インストール後アプリを開くと、このように全部消えてしまいましたね。

Save bup 19

バックアップしたセーブデータを元に戻すために、もう一度MacとiPhoneを接続します。

今度は、「Angry Birds」ー「Dcuments」フォルダを選択した後、「Macからコピー」をクリックします。

Save bup 12

セーブデータの入っているフォルダを開き、バックアップしたファイルを全て選択して「Open」をクリックします。

Save bup 13

セーブデータのリストア終了です。

Save bup 14

先ほどセーブデータの無かった「Angry Birds」を開くとこのようにセーブデータが復活しました。

Save bup 20

アプリによってセーブデータの名称が違うかもしれませんが「Dcuments」フォルダの中身を全てバックアップしておけば大丈夫なんじゃないでしょうかね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク