iTunesを使って音楽CDをMP3形式で取り込んでみました

こんばんは、くろさるです。

今日は、iTunesを使ってCDをiMacに取り込むんですが、初期設定ではAAC形式というアップルの音楽ファイル形式で取り込まれてしまいます。それをMP3形式に変更して取り込んでみました。

iTunesを起動し、音楽CDをドライブに挿入します。

オーディオCDとして認識されるので、ウィンドウ右上の「読み込み」ボタンをクリックします。

Itunes mp3 01

スポンサーリンク

すると、読み込み設定が開くので、「読み込み方法」の「AACエンコーダ」をクリックします。

Itunes mp3 03

AAC以外の読み込み形式が表示されるので「MP3エンコーダ」を選択します。

Itunes mp3 05

これで、MP3形式になりました。音質の変更できるので設定してみます。「設定」をクリックします。

Itunes mp3 06

ここでは「高音質」を選択しました。音質によってファイルの大きさが変わるので好みによって変更するといいと思います。

ここの表示されている3種類以外にも「カスタム」で色々変更できるようです。一般的に高音質ほどファイル容量が大きく、低音質はファイル容量が小さくなります。

Itunes mp3 08

設定が終わったら、「OK」をクリックすると音楽CDの読み込みが開始されます。

Itunes mp3 09

読み込みは57分のCDで5分ほどで終了しました。

Itunes mp3 11

読み込んだCDはライブラリのミュージックに保存されるので、このまま再生したり、iPhoneに転送したりして聞くことが出来ます。

Itunes mp3 18

音楽ファイルの保存先は「iTunes」の詳細環境設定に記載されています。

Itunes mp3 13

Finderの「フォルダへ移動」でフォルダ情報を入力して「移動」します。

Itunes mp3 14

「Music」フォルダをクリック。

Itunes mp3 15

すると、取り込んだ音楽ファイルがアルバムごとに保存されています。

Itunes mp3 16

フォルダを開くとMP3ファイルがありました。ここから他の場所にコピーしたり、他の音楽プレイヤーで再生することが出来ます。

Itunes mp3 17

最近は、CDで音楽を聞くことも少なくなってきているので、手持ちのCDを全部取り込んで、iPhoneに転送しちゃうと便利ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク