[iOS7の脆弱性]パスワード無しでiPhoneを探す機能をオフにできてしまう脆弱性が発見される

こんばんは、くろさるです。

iPhoneやiPadで「iPhoneを探す」という機能がありますね。盗難やデバイスをなくした時に便利な機能ですが、これをパスワードを入力せずに無効に出来てしまう脆弱性が発見されたそうです。

IMG 0669

スポンサーリンク

実際に「iPhoneを探す」機能を無効にした動画がYouTubeで公開されています。

無効化する方法は、上の画像の画面で「アカウントを削除」と「iPhoneを探す」を同時にタップし、再起動するだけという実に簡単なものです。盗難時にこれを実行されると、iPhoneが追跡できなくて大変困りますね。

無効化を防ぐ方法

この「iPhoneを探す」を無効化する脆弱性を防ぐには単純にロック画面をパスコードで保護することです。パスコードを設定することでiPhone内部にはアクセス出来ないので、今回の脆弱性を実行することはできなくなります。

IMG 0670

毎回パスコードを入力するのが面倒だという人も、iPhone5sには「Touch ID」という指紋認証でロック解除できる便利な機能があるのでこれを設定することで、何もしないよりははるかに安心なのではないかと思います。iPhone5s以外のデバイスはしっかりパスコードでロックが必須ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク