iPhoneのおやすみモードで夜ぐっすり安眠する方法

こんばんは、くろさるです。

iPhoneって、メールやプッシュ通知で昼夜関係なく鳴るので近くにおいておくとゆっくり眠れませんよね。かといってマナーモードや電源オフだと緊急の電話やアラームが使えない。

そんな時に有効なのが「おやすみモード」と言う機能。おやすみモードを有効にしておくと通知や着信をならさないように設定できます。何時から何時までと時間設定も可能。着信する相手も指定できます。iOS6からあるようですが便利そうなので設定してみました。

「設定」アプリから「おやすみモード」をタップ。

Oyasumi 01

スポンサーリンク

「今すぐオンオフ」オンにするとおやすみモードが有効になります。

Oyasumi 02

おやすみモードが有効になるとこのように三日月のマークが表示されます。

Oyasumi 05

時間指定もできます。ここでは22時から翌日の7時までおやすみモードが有効になるよう設定されています。

Oyasumi 03

その他にも着信を許可する相手、繰り返しの着信で通知するかどうか、通知なしの設定等が有効にできます。

Oyasumi 04

「おやすみモード」を設定していると、マナーモードなどで通知音や着信を消していてうっかり解除し忘れた時などに、大事な連絡を見逃してしまったなんてことをさけることができますね。

おやすみモードはコントロールセンターからも設定可能

iOS7からコントロールセンターでもおやすみモードのオンオフが可能です。急に連絡待ちが必要になったときなんかに便利ですね。

Oyasumi 06

iPhone5sのバッテリーの消耗を避けるために自動で電源のオンオフをしてくれるとありがたい時もあると思うんですが、これはちょっとスマートフォンには難しいようです。ガラケーの時はよくお世話になっていたんですけどね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク