iCloudでMacとiOSデバイスのブックマーク同期がめちゃ便利

最近のアップルデバイスで使える「iCloud」。インターネット上にいろいろなデータを保存して様々なデバイスで共有できるという便利なサービスです。(実はWindows7以降でも使えるらしいです)

この「iCloud」を使って「iMac」「iPhone5s」「iPad」の「Safari」のブックマークを同期してみました。

Icloud safari 00

スポンサーリンク

iMacでiCloudの設定

「システム環境設定」の「iCloud」をクリック。

Icloud safari 18

iCloudに使用するApple IDとパスワードを入力して「サインイン」をクリック。

Icloud safari 19

「次へ」をクリック。

Icloud safari 20

特に必要ないけど「許可」しました。

Icloud safari 21

Safariの項目にチェックが入っているか確認。

これでiMacのiCloudの設定は終了です。

Icloud safari 22

iPhone5sのiCloud設定

iPhone5s の「設定」アプリを開き、「iCloud」をタップ。

Icloud safari 07 Icloud safari 08

さっき、iMacで使ったApple IDとパスワードを入力します。

次にiPhone5s に元々あったブックマークを使う場合は「結合」を、そうでない場合は「結合しない」をタップ。

Icloud safari 09 Icloud safari 10

「OK」をタップ。これでiMacとiPhone5sのiCloudが設定されたのでブックマークが同期しているはずです。

Icloud safari 11

iPadでiCloudを設定

iPad3でもiCloudの設定をしました。iPad3はiOS7にバージョンアップ済みです。

iPhone5s同様「iCloud」でApple IDとパスワードを入力して「サインイン」。

Icloud safari 01

「Safari」のチェックを確認します。

Icloud safari 02

いよいよブックマークの同期

3機種すべての「iCloud」設定が終わったのでブックマークが同期できているか見てみます。

まずは「iMac」のSafariではこのようなブックマークをしました。

Icloud safari 17

iPhone5sでSafariのブックマークを開いてみると、iMacと同じブックマークになっていますね。

Icloud safari 12 Icloud safari 13

iPad3の方も確認。全く同じです。

Icloud safari 03

Safariのタブも同期できる

実はSafariの同期はこれだけじゃないんです。ブックマークの右の「雲」のようなアイコンをタップすると、他のデバイス上で表示しているタブを開くことが出来るんです。

Icloud safari 04

複数のタブでもOKです。

Icloud safari 06

iPhone5sでも同じくタブの同期が出来ます。

Safariのタブボタンをタップして、上にフリックするとタブの同期が表示されましたね。

Icloud safari 15 Icloud safari 14

こんな風に、iMacとiPad3と別々に表示もされます。

Icloud safari 16

メモ帳もiCloudで同期

少し長くなってきましたが、メモもiCloudで同期してみます。

iMacの標準のメモアプリで、画面右上の「iCloud メモ」をクリックしメモを書きます。

Icloud safari 24

すぐiPhone5sを確認すると、一瞬でメモが同期されました。これは早いですね。

Icloud safari 25 Icloud safari 26

iCloudかなり便利です。

Apple製品が増えてきたらiCloudに統一するのもアリかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク