macOS High Sierra で起動時にパスワードを入力しないで自動ログインをする方法

macOS 10.13 High Sierra のログイン画面でパスワードを入力せずに自動ログインをする方法です。

スポンサーリンク

起動時に自動ログインをする方法

システム環境設定を開きます。

ユーザーとグループを開きます。

「ユーザーとグループ」の左下にあるカギをクリックして解除します。

現在ログインしているユーザーのパスワードを入力して「ロックを解除」をクリックします。

自動ログインが「オフ」になっているので、これをクリックします。

自動ログインしたいユーザーを選択します。

自動ログインするユーザーのパスワードを入力して「OK」をクリックします。

最初に解除したカギをクリックして、再度ロックします。

これで設定終了です。

Macを再起動して、自動ログインできるか試してみましょう。

スリープ状態の復帰時にパスワードの入力をする時

起動時のパスワード入力を省略しても、スリープ状態から復帰したときにパスワードの入力を求められる場合があるので、これも省略したい時は、セキュリティとプライバシーから設定を変更します。

「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」のチェックを外します。

ログインしているユーザーのパスワードを入力します。

「画面のロックをオフにする」をクリックします。

iCloudのキーチェーンを有効にしている場合はこのような確認があるので、お好きな方を選択します。

これで設定終了です。

最後に

これで起動時とスリープから復帰した時のパスワード入力が省略されましたが、自宅以外の不特定多数がMacに接触できる状況では危険ですので、パスワードの省略をしないようにしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク