macOS10.13 High Sierra をクリーンインストールする方法

2017年9月26日、macOS10.13 High Sierraがリリースされました。

iMac にクリーンインストールしてみましたので、僕がやったインストール方法をご紹介します。

スポンサーリンク

インストールの手順としては、先にMacのAppStoreから「High Sierra」をダウンロードし、上書きインストールしてから、再度Macのハードディスクを初期化して、「High Sierra」をクリーンインストールしました。

High Sierra をインストールする方法

macOS High Sierra はAppStoreからインストールすることが出来ます。

macOS High Sierra のページを開いて「入手」をクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードが終わったら、画面に表示される手順に従ってインストールをします。

maOS 10.13 High Sierra にアップデートできました。

アップデートが成功しましたが、これはOSの上書きインストールなので、これからクリーンインストールをしたいと思います。

High Sierra のクリーンインストール

Mac をシャットダウンしてからキーボードの「command」と「R」キーを押しながら電源ボタンを押してMacを起動します。

画面にリンゴマークが表示されてmacOSユーティリティが起動します。

macOSユーティリティが起動したらディスクユーティリティからハードディスクを初期化します。

消去する内蔵HDDを選択して「消去」をクリックします。

Mac OS拡張(ジャーナリング)を選択して消去します。

消去完了。ディスクユーティリティを終了します。

今度はmacOSを再インストールを選んで「続ける」をクリックします。

手順に従ってインストールします。

インストールが始まると最初は残り約8分と表示されていたのですが、

そのごどんどん時間がのびていって、15時間に!

そのまま放置していたら、4,5時間で終わったようです。

ようこそが表示されたら、指示通りに設定していきます。

途中AppleIDのサインいんをすると、確認コードの入力を求められました。

確認コードはiPhoneに転送されました。「許可する」をタップします。

確認コードが表示されます。この6桁の数字をMacに入力します。

キーボードから数字を入力。

macOS High Sierra になりました!

バージョンは「10.13」ですね。

さいごに

クリーンインストールはいつもなんですが、やたら時間がかかります。

今回も足掛け2日間かかりました。

アップデートするなら、時間に余裕のある時がお薦めです。

今回のようなメジャーアップデートは色々不具合や、動かなくなるソフトも多いと思うので、ぼちぼちレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク