iPhone5sのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhone5sは、よほど頻繁に使わなければ一日十分使えるバッテリーを備えていますが、もしものときのために出来るだけバッテリーを長持ちさせたいですよね。

そんなバッテリーを長持ちさせるための設定を調べてみました。

バッテリーを長持ちさせるための設定

画面の明るさを最小にする

バッテリーを長持ちさせるのに一番重要だと思われるのがやっぱりこれ。自動調節をオフにして明るさを細小にします。

Setuden 01

スポンサーリンク

自動ロックまでの時間を出来るだけ短くする

画面の点灯時間を短くするのは基本ですね。1分が短すぎる場合は2、3分に設定します。

Setuden 04 1

使わないBluetooth、Wi-Fiをオフにする

必要の無いときはBluetooth、Wi-Fiをオフにします。

Setuden 05 Setuden 06

iCloudをオフにする

これはやり過ぎかもしれませんが、必要のなさそうな項目はオフにします。書類とデータ、写真Passbookくらいは常にオフでも良さそうです。

Setuden 07

通知センターの項目をオフにする

これも基本オフでいいかもしれません。

Setuden 02

位置情報サービスをオフにする

これも必要な項目のみオフにします。

Setuden 03

メールのプッシュ通知をオフにする

メールの取得方法をオフにします。

Setuden 08

定期的に再起動する

これは忘れがちですが、出かける前に再起動しておくといいかもしれません。

Setuden 09

iPhoneの充電方法

iPhoneを使っている時

iPhoneを充電するのにもバッテリーに優しい充電方法があります。

  • 月に一度はバッテリーを使い切ってからフル充電する。
  • 通常は20〜90%の状態を維持する。

iPhoneを使っていない時

  • バッテリーを0%の状態、または100%の状態で放置しない。
  • 長期間使わないときは50%位の状態で電源をオフにしておく。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク