iPhone もいずれこれになるかも?裏表どちらでも差し込むことができる「USB Type-C」の規格が完成!

以前もお伝えしましたが、今後3年程度でヨーロッパではApple の独自規格である「Lightningケーブル」を使うことができなくなります。その代わりに統一規格として採用されるのではないかと思われる「USB Type-C」の規格が完成し生産段階に入ったそうです。

USBtype c

スポンサーリンク

USB Type-C は2013年12月に開発を発表されていた規格で、裏表どちらでも差し込むことが出来るのが特徴です。

USBtype c2

Type-C は100Wの電力供給が可能で、最大10Gbpsもの転送速度があるそうです。

2012年に登場した「Lightning ケーブル」ですが、ヨーロッパでの使用停止と、USB Type−C の登場でいずれなくなってしまう運命をたどってしまうかもしれません。しかし、世界共通の規格となると今よりももう少しケーブルが安価になりユーザーのお財布に優しくなるかもしれませんね。

USB 3.0 Promoter Group Announces USB Type-C Connector Ready for Production | Business Wire

両面どちらでも挿さるUSBの新規格「Type-C」が完成し生産段階に突入 – GIGAZINE

リバーシブルなUSB タイプCコネクタの規格が完成、Lightning風楕円形状に。搭載機器は来年前半か – Engadget Japanese

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク