パスコードロック画面から色々な情報を盗み見できてしまうSiriの機能をオフにしてみた

iPhone5sの音声認識で操作できる便利な機能「Siri」ですが、パスコードロック中でもホームボタン長押しで色々な操作が出来てしまうそうです。

Pass siri 02

スポンサーリンク

パスコードロック画面でSiriを起動し、「私は誰ですか?」と聞いてみます。

Pass siri 03 Pass siri 04

すると、あなたは「XX」さんですと、自分として登録している連絡先をあっさり教えてくれます。

Pass siri 05

登録済みの連絡先に電話もFaceTimeも、かけ放題。

Pass siri 06 Pass siri 07

ツイートやFacebookにも投稿OKです。

Pass siri 10 Pass siri 11

メールの送信や、カレンダーの予定も見放題です。Siriさん口軽すぎじゃないですかね(笑)

Pass siri 12 Pass siri 08

パスコード画面でSiriを使用不可にする

この機能はバグでも何でもなく、Siriが実装された当初からこの状態なのでAppleさんは特に問題視していないようです。

でも、このままでは折角パスコードや指紋認証でiPhone5sを保護している意味が無いので、ロック画面でSiriを使えなくするよう設定を変更してみました。

  1. 「設定」「一般」から「パスコードと指紋認証」をタップ。
  2. 「ロック中にアクセスを許可」の「Siri」のトグルをオフにします。その他の「Passbook」と「メッセージで返信」も同様にオフにしました。

Pass siri 13 Pass siri 16 1

通知センターとコントロールセンターのアクセスもオフにしてみた

パスコードロック画面では、「Siri」意外にも通知センターとコントロールセンターにもアクセスできます。どちらも、予定の閲覧や各種設定の変更等が可能なのでこれもオフにした方がいいですね。

Pass siri 17 Pass siri 19

どちらも「設定」からオフに出来ました。

Pass siri 23 Pass siri 20

これで、パスコードロック中にプライベートデータが見られることもなくなりました。

特に盗難対策で「iPhoneを探す」機能を使っている場合は、ロック画面でコントロールセンターにアクセス可能にしていると、機内モードにされてしまうとiPhoneを追跡できなくなってしまうので注意が必要ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク