iPhone5sをiMacを使ってiOS7.0.6にアップデートしてみた

こんばんは、くろさるです。

2月22日にアップルから公開された最新ファームウェア「iOS 7.0.6」をiPhone5sにインストールしてみました。

ファームウェアは、iPhone5sをiMacに接続した時に出てくる通知から、ダウンロード済みです。

706update 15

スポンサーリンク

iPhone5sをiMacに接続して「アップデート」ボタンをクリック。

706update 01

iPhone5sでダウンロードしたアプリがあるのでiTunesに転送するようです。

706update 02

転送が終わったら、アップデート開始。

706update 03

ソフトウェアの抽出が始まります。

706update 04

iPhone5sをiTunesと繋ぐように表示されますが、すでに接続してあるのでそのまま待機。

706update 12

アップデート中です。

706update 14

それほど時間もかからずにアップデート終了。

706update 06

今回は、アップデートのみで初期化はしていないので、アップデート前の環境はそのまま残っています。iOS7.0.6にアップデートすると動作がさくさくになったり、Safariが落ちなくなるなどの口コミもあましたが、個人的には体感できませんでした。やはりセキュリティーの修正のみの更新だったんでしょうか。

IMG 0869

このようにバージョン表示も「iOS 7.0.6 (11B651)」に更新されました。

IMG 0870

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク