iPhone5sをiOS7.0.4にアップデートしてみた

こんばんは、くろさるです。

今更ですが、昨日iPhone5sのファームウェアを最新のiOS7.0.4にアップデートしてみました。バージョンアップ前のiOS7.0とバージョンアップ後のiOS7.0.4の違いについての個人的感想です。

Ios704 03

スポンサーリンク

今回は、OTAアップデートではなくiTunesに接続してのアップデートだった訳ですが、コレが思わぬアクシデントで結構アップデートに手こずりました。詳しくは前回の記事「iPhone5sが「不明なエラー17」でアップデートできない時の対処方法 」を見てください。

これを考えるとやっぱりOTAアップデートっていいなぁと思った訳です。iPhoneだけでアップデートが完結するので不具合がその分少ないですよね。

iOS 7.0 の公開日とその内容です。

iOS 7.0  2013年9月18日

iOS 7.0.1 2013年9月20日 iPhone5s/5cのみ提供

iOS 7.0.2 2013年9月26日 パスコード回避修正など

iOS 7.0.3 2013年10月23日 加速度センサー、視差効果の設定、iCloudキーチェーン追加、その他バグ修正

iOS 7.0.4 2013年11月14日 バグ改善、FaceTime修正

今まで、iPhone5sリリース時の「iOS 7.0」のまま使っていたのですが、「iOS 7.0.3」の変更は結構大きかったので、加速度センサーの修正やiCloudキーチェーンが使えるようになったのはうれしいですね。

あと、iOS 7.0.4にアップデート後アプリの起動エフェクトが変わって戸惑ったのですが、iOS 7.0.3で追加になった「視差効果の設定」がアップデートによって自動的にオンになっていたようです。コレに気づくまでしばらくの間、iOS 7.0.4になってエフェクト変えたのかと思っていました(笑)

Ios704 10

「視差効果を減らす」の設定は、

「設定アプリ」「一般」「アクセシビリティ」の中にあります。コレをオフにするとiOS 7.0と同じ動作になりました。

個人的にはiCloudキーチェーンが使えるようになった他には、特に目新しい部分はありませんでした。iOS 7.0からiOS 7.0.4へのマイナーアップデートなので当然と言えば当然ですよね。

次のアップデートは「iOS 7.1」と言われていましたが、「iOS 7.0.4」が脱獄可能になったことでセキュリティーホールをつぶした「iOS 7.0.5」がリリースされるかもしれませんね。もしかするとそのまま春まで放置で「iOS 7.1」が登場するかもしれませんけどねぇ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク