iPhoneのアップデート時間はどれくらい?長い、時間がかかる、更新の中断方法について

iPhone では、1年に1回のメジャーアップデートをしています。

その他に細かい不具合や、機能の追加をしているマイナーアップデートがあります。

このアップデートにかかる所要時間についてご紹介します。

スポンサーリンク

アップデートの種類について

最初にお伝えしましたが、iPhoneのアップデートには大きく分けて2種類のアップデートがあります。

一般的にメジャーアップデートと呼ばれる1年に1回のアップデートと、マイナーアップデートと呼ばれる不具合の修正版です。

メジャーアップデートは大きく機能が追加されるので、その分アップデートに使うファイルも大きくなります。

「iOS10」から「iOS11」などにアップデートする場合がメジャーアップデートにあたります。

逆にマイナーアップデートは不具合の修正がメインのことが多く、ファイル容量も少なめです。

「iOS11」から「iOS11.0.1」などのように、小数点以下のバージョンの数字が変わるときがマイナーアップデートです。

メジャーアップデートの所要時間

メジャーアップデートについて実際に僕がアップデートした時間をご紹介します。

2017年9月に公開された「iOS11」の場合の所要時間です。

この時は「iOS10.3.3」から「iOS11」へのアップデートでした。

ファイル容量が「1.9GB」だったのでダウンロードに時間がかかっています。

我が家はASDSL回線なのでダンロードが遅いためダウンロード終了まで約50分かかりました。

ダウンロード終了してから、実際にアップデートをするわけですが、かかった時間は約10分程度でした。

メジャーアップデートなのでもう少しかかると思いましたが、こんなもんで終わるんですね。

マイナーアップデートの所要時間

マイナーアップデートは「iOS11」から「iOS11.0.1」のように小数点以下の数字が変わるアップデートのことです。

最近の「iOS11」シリーズのマイナーアップデートでは、ダンロード時間を除き、実際にアップデートにかかった時間は、メジャーアップデートと同様に約10分程度でした。

更新を中断する方法について

iPhone のアップデートを開始したのはいいけれど、途中でやめたくなるときもあるかもしれません。

しかし、実際にアップデートが開始されたあとは、アップデートを中断する方法はありません。

アップデート中に充電が切れたり、パソコンと接続してアップデートしている途中にケーブルを抜いてしまうと、iPhoneがかなりの確率で壊れてしまうので、一度アップデートを始めたら絶対に途中でやめないようにしてください。

ただしファイルのダウンロードをしている間なら、ダウンロードを途中でやめるだけなので中断することができます。

まとめ

iPhone のアップデートにかかる時間は、メジャーアップデートでもマイナーアップデートでも時間的には変わりませんでした。

ただ、ダウンロードファイルの容量には大きく差があるので、ダウンロードしていない状態からは、ダウンロード時間がかかるので、その分について差が出てきますね。

ファイルのダウンロードだけやって、インストールは後ですることもできますので、時間のない時はファイルのダウンロードだけ先にやっておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク