iPhoneを持ったときに画面が点灯する「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする方法

iPhone 6S からスリープ状態のiPhoneを手に取ると、ホーム画面が自動的に点灯して

確認できるようになりました。

これって便利なんですが、うっかりカメラが起動したりして誤動作することもあるので

オフにしてみました。

IMG_0709

スポンサーリンク

「設定」アプリから「画面表示と明るさ」を開きます。

IMG_0710

すると、「手前に傾けてスリープ解除」という項目があるのでこれをオフにします。

特別な名称もなく、もろ「手前に傾けてスリープ解除」という機能のようです。

IMG_0713

これで、iPhoneを持っても画面が点灯しなくなりました。

もとに戻す時はスイッチをオンにするといいですよ。

IMG_0714

この機能便利なことは便利なんですが、点灯するタイミングが自分の思っているのと違ったり、画面を見ようとして無意識に電源ボタンを押したときに逆に画面が消えたりと、ちょっと感覚的に気持ち悪い時があるんですね。

何でも自動になるといいものでもないんだなと、みょうに思ってしまいました。

自分はまだ体験したことはありませんが、自動車のブレーキアシスト機能なんかも、これに近いものがあるかもしれませんね。

何でも機械に使われるのではなく、ある程度理解して自分で使いこなしたいものですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク