Macを使って無料で簡単にiPhoneで撮影した動画をDVDにする方法

iPhoneで撮影した動画を、Macを使って無料でDVDに保存してテレビなどで見られるようにする方法です。

Ios 20150307 1001

スポンサーリンク

iPhoneで動画を撮影する方法

まずはiPhoneで動画を撮影します。

ロック画面から、右下のカメラアイコンを上にスワイプしてカメラアプリを起動します。

Ios 20150307 101 1

通常は写真モードになっているので、画面を上にスワイプして「ビデオ」モードに変更します。

Ios 20150307 102 1

ビデオ撮影モードになったら、右の赤いボタンから撮影開始。

Ios 20150307 105 1 1

撮影終了は再び赤いボタンを押して撮影を停止します。

Ios 20150307 106 1

これで、iPhoneで動画を撮影することが出来ましたね。次は撮影した動画をMacに取り込みます。

iPhoneからMacに動画を転送する方法

iPhoneをMacにライトニングケーブルで接続するとイメージキャプチャが起動するので、お目当ての動画をドラッグしてMacにコピーします。

Ios 20150307 114 1

または、iPhoneから「AirDrop」を使って転送も可能。

写真アプリを起動して右下の「アルバム」から「ビデオ」を開きます。

Ios 20150307 107 1

右上の「選択」をタップ。

Ios 20150307 108

転送したいファイルをタップして、左下のアイコンをタップ。

Ios 20150307 109

Airdropで転送することができます。転送されたファイルはMacの「ダウンロード」フォルダに保存されます。

Ios 20150307 111

MacからDVDを作成する

DVDを作成するにはこの「Burn」というフリーソフトを使います。

Ios 20150307 116

Burnのインストール方法はこちらからどうぞ。

Burnを起動したところ。「ビデオ」タブを選択し、DVDのディスク名を入力。DVD-Videoに設定します。

Ios 20150307 117 1

次に先ほどMacに転送した、動画ファイルをBurnにドラッグして読み込みます。

Ios 20150307 126 1

DVDを作成する前に「mpgファイル」に変換するので「変換」をクリック。

Ios 20150307 118 1

mpgファイルの保存先を決めます。とりあえずデスクトップに「選択」しました。

Ios 20150307 119 2

光学ドライブにブランクディスクを挿入します。

Ios 20150307 112

「ディスク作成」をクリックします。

Ios 20150307 121 1

「ディスク作成」をクリックして、DVD作成開始。

Ios 20150307 122 1

あとは完成まで待つだけ。

Ios 20150307 123

DVDが完成したら自動的に再生されました。家庭用のDVDプレーヤーでもちゃんと再生することができます。

Ios 20150307 113

DVDのメニューを作ったりせずに、とりあえずiPhoneで撮った動画をDVDにしたいときは「Burn」を使ってDVDを作るのが簡単でいいですね。撮影した動画を転送してソフトにドラッグするのみなので、忙しい時にでもささっと作ることができますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク