iOS9の配信日が9月17日(日本時間)に決定!今年も速攻アップデート行っちゃいます!

新型 iPhone や iPad の話もいいですが、最新のiOS 9 のリリースが9月16日(アメリカ時間)に決定しましたね。

2015 09 11 22 11 16

スポンサーリンク

日本では17日未明にアップデート

iOS 9 はアメリカ時間で9月16日にリリースということなので、日本では17日の未明にアップデート可能になると思われます。

例年なら、新しいiOSの配信日は新型iPhoneの発売日の数日前だった記憶があるのですが、今回は17日がアップデート、新型の発売日は25日と1週間も前にリリースになるんですね。

iOS 9 対応機種

気になるiOS 9 の対応機種は以下のとおり。

  • iPhone 4s
  • iPhone 5
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPad 2
  • iPad 3
  • iPad Retinaディスプレイモデル
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad mini
  • iPad mini 2
  • iPad mini 3
  • iPod touch 5

iPhone は 4s から、iPad は 第2世代からのサポートとなっています。結構前の機種もサポートするようです。

マイナビニュースでこんな記事がありました。

iOS 9でも使えるのはなぜ? AppleがiPhone 4sをサポートし続ける理由を考察 (1) iPhone 4sは相当古い | マイナビニュース

スマートフォンのような進化の早いデバイスで4年も前の機種をサポートするのはスゴイですよね。

iOS 9 の新機能

6月のイベントで既に発表されたiOS9の新機能です。

  • マルチタスク/画面分割機能
  • 「Siri」の強化、パーソナルアシスタント機能の追加
  • 音楽ストリーミングサービス「Apple MUSIC」の開始
  • ニュースキュレーションアプリ「News」の追加
  • マップアプリに乗り換え案内機能を追加
  • メモ(Notes)アプリの刷新・拡張
  • AndroidからiPhoneへの公式移行アプリ

一番上のマルチタスク、画面分割機能はiPhoneではあまり恩恵がなさそうですが、これはiPad シリーズ向けの新機能なんでしょうね。

3番目のApple MUSIC は既に実装済み。

後は、SIriの強化。ニュースアプリの追加。マップアプリの機能追加。メモアプリの拡張等マイナーアップデート的な感じが大きいですね。

その他のところではバッテリー持続時間が大幅に長くなる等の記事がありました。

iOS 9はバッテリー駆動時間が最大3時間のびーる #WWDC2015 : ギズモード・ジャパン

メジャーアップデートの公開時には、色々不具合も多いので今回はバグが少なくなるといいのですが、そううまくも行かないでしょうから好奇心旺盛な方以外はちょっと様子見するくらいがちょうどいいかもしれません。

デジさるでは17日に速攻アップデート

デジさるでは今回のiOS 9 の配信日に速攻でアップデートする予定です。夜中に待機していますので、朝起きたらブログチェックよろしくお願いします。

でもインターネット回線がADSLなんでちょっとダウンロードが遅いかもしれないんですよね。なんとか朝までにアップデートしたいなぁ。

ということで今年のiOS 9は9月17日未明にリリースです。対応機種をお持ちの方は是非是非見に来てくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク