OS X Yosemite で Mac のジャーーン!という起動音をならないようにする方法

OS X 10.10 Yosemite でMac の起動音をならないようにする方法です。

Yos bootsound 508 1

スポンサーリンク

僕は以前のOS、Mavericks や Mountain LION の頃から、フリーソフトである「Mutecon」を使ってMac の「ジャーン!」という起動音を消していました。

Yosemite にアップデートしたことによって、ソフトの不具合はあまり多くないようですが、一応「Mutecon」をインストールして起動音が消せるかどうか試してみました。

これがMacの起動音をならないようにする「MuteCon」です。

Yos bootsound 500

ソフトを起動して、設定画面を開きます。

Yos bootsound 502

「起動後にミュートを解除」「終了前にミュート」にチェックマークを入れます。

Yos bootsound 503

さらに「システム環境設定」の「ユーザとグループ」から「MuteCon」をログイン時に起動するように設定します。

Yos bootsound 504

これで準備は完了。実際に起動音がならないかどうか再起動して試してみます。

Yos bootsound 506

「ジャーーーーン!」と起動音はなりませんでした。そしてこのようにサウンドは再起動前と同じ音量です。

Yos bootsound 508

試しに何度か再起動を繰り返してみましたが、起動音はなりません。成功です。

Yos bootsound 507

ということで、OS X Yosemte でも Mutecon が使えることがわかりました。

初めての方で起動音がなってしまうといった場合はヘッドフォンや外部出力端子がMacに接続されていないか確認してみてください。Macってヘッドフォンが接続されているとMac本体のスピーカー音量が変更できなくなってしまうので、次回起動時にMac本体のスピーカーから起動音がなってしまうようですよ。

詳しい「Mutecon」の設定方法はこちらの記事で紹介しています。

▼ 起動音ミュートの決定版!MuteConでMacの起動音を消す方法

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク