AirDrop を使ってiPhone と Mac 間でファイルを転送する方法

iPhone と Mac 間で「AirDrop」を使ってファイルを転送する方法です。

Yos airdrop 011 2

スポンサーリンク

iPhone から Mac に転送する方法

まず、iPhone の「Wi-Fi」と「Bluetooth」をオンにします。

Yos airdrop 020 1

次に転送したいファイルを開き、左下のアイコンをタップします。

Yos airdrop 019 1

画面中央のAirDropアイコンをタップします。

Yos airdrop 005 1

するとあっという間に転送完了に。

Yos airdrop 007 1

ファイルが転送されるとMacのダウンロードフォルダに転送したファイルが保存されています。

Yos airdrop 012 1

無事転送完了しました。

Yos airdrop 013

Mac から iPhone に転送する方法

逆にMac から iPhone にファイルを転送することもできます。

Finderから「AirDrop」を開くとAirDropアイコンが表示されます。

Yos airdrop 011 1 1 1

AirDropアイコンへ転送したいファイルをドラッグします。

Yos airdrop 001 1

すぐにiPhoneの画面に「ファイル共有中」と表示が出ます。

Yos airdrop 008

ファイル転送完了しました。めちゃくちゃ簡単です。今までLightinigケーブルで接続して転送していたんですが、簡単なファイルならこれで十分対応できますね。

Yos airdrop 010

転送できるファイルは画像ファイルだけではなく、アプリが対応していれば音楽ファイルや動画ファイル、ドキュメントファイルなども転送できるようです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク