Macのキーボードが勝手に[連打される][入力される][暴走する]不具合について

最近、Macにログインするときや、普通に使っている時にBluetoothのワイヤレスキーボードが勝手に連打されてしまう現象が起こるようになりました。

このキーボードが「勝手に連打される」、「暴走する」不具合について解説します。

スポンサーリンク

キーボードが勝手に入力される現象について

キーボードが勝手に入力される現象は、主にMacがスリープに入っている状態から、復帰する時に起こりました。

キーボードやマウスを操作して、ログイン画面になると写真のように文字が勝手に入力されて、操作を受け付けなくなります。

この間は、文字が入力され続けてログインできなくなるので、一旦Bluetoothキーボードの電源をオフにして、再接続し、正常に戻ってからログインしていました。

PRAMクリアをする

このような時はPRAMクリアをすると良いようです。

PRAMクリアをする方法です。

1.Macの電源を入れる。(再起動する)

2.1の後すぐに「command」「option」「R」「P」の4つのキーを押しっぱなしにする。

3.起動音が2回鳴るまで4つのキー土押したままにする。

4.2回目の起動音が鳴ったらキーを離す。

これでPRAMがリセットするはずです。

2回めの起動音はPRAMがリセットされるので普段よりも大きい音がなるのでびっくりしますね。

このPRAMのリセット方法はMacの公式サポートコミュニティで紹介されていました。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

PRAMとは何か?

PRAMと言うのはMacOSが素早くアクセスできるように、ハードウェア情報をほぞしているメモリのことです。起動ディスクや、画面の解像度、スピーカーの音量等ハードウェア関連の情報が保存されています。

PRAMはParameter Random-Access Memoryの略称です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク