Mac のブラウザで直前に閉じてしまったタブを元に戻す方法

Mac の ブラウザ Safari で間違って消してしまったタブを、簡単な操作で復活させる方法です。

Mac 20150809 201

スポンサーリンク

ブラウザでネットを見ていると、いつの間にかタブがたくさん開いて大変なことになることありますよね。

まだ見ているページがある時は不要なタブを連打して消して、うっかり消さなくてもいいタブまで消してしまうことがあるんですね。

そんな時は、履歴から探すと以前見ていたタブを開き直せるんですが、タブを消した直後ならメニューの編集から簡単に閉じたタブを復活させることが出来ます。

このように Safari の「編集」ー「取り消す」を選択します。

Mac 20150809 202

するとさっき閉じたタブがタブの右端に出てきました。

Mac 20150809 203

ショートカットで「command」+「Z」でも同様の操作が出来ます。

Mac 20150809 200

ちなみに、「control」キーを押しながら今表示しているタブの「X」ボタンをクリックするとメニューが出てくるので、そのメニューから「その他のタブを閉じる」で、今表示しているタブ以外を全て閉じることができます。

Mac 20150809 204

これって何気に便利なので覚えておくといいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク