iMacを使ってiPhoneの画面を録画する方法

こんばんは、くろさるです。

iPhoneの画面を動画で録画する方法がないかと探していたら、意外と簡単にできることがわかったのでやってみました。

今回使ったのは「Reflector」というソフト。こちらのサイトから試用版が無料でダウンロードできるようです。

Reflector Airplay Receiver – Mirror an iPhone or iPad to a Mac or PC

Ios rec 001 1 1

「Reflector」を使う条件は、iPhoneとMacが同じWi-Fiネットワーク上に接続されていることです。

スポンサーリンク

「Reflector」をインストール

サイトから「Try Reflector」というボタンをクリックします。

移動したページから「Download」をクリックします。

Ios rec 002 1

ダウンロードしたファイルを実行して、ソフトをアプリケーションフォルダにインストールします。

Ios rec 004

容量は32.8MBでした。

Ios rec 005

「Reflectoer」の使い方

「Reflector」を開きます。

Ios rec 007

App Storeのソフトではないので、この表示が出ます。「開く」をクリックします。

Ios rec 008 1

「Try Reflector」をクリックします。

Ios rec 009 1

次にiPhoneの操作です。

コントロールセンターを開き、「AirPlay」をタップします。

Ios rec 022 1

自動的にこの画面になります。

同一ネットワークじょうのMacをタップします。

Ios rec 023 1

ミラーリングのトグルをオンにします。

Ios rec 025 1

Macを接続が成功すると、ステータスバーが青色に変化します。

Ios rec 027 1

ここで、Macのディスプレイを見ると、このようにiPhoneの画面が表示されています。

Ios rec 010

「Reflector」の操作は各メニューから行うようです。

Ios rec 012

「Device」メニュー。

Ios rec 013

「Window」メニュー。

Ios rec 014

「Device」の「Frame Skin」からiPhoneのスキンを変更できるようです。

Ios rec 015

「iPhone 5s – White」に変更してみました。

Ios rec 016

iPhoneの画面を録画する方法

さて、肝心のiPhoneの画面を録画する方法です。

「Device」の「Start Recording」もしくは「command + R」で録画が開始されます。

Ios rec 029

Ios rec 016

録画を停止するときは、「Device」の「Stop Recording」をクリックするか、「command + R」で録画が停止されます。

Ios rec 020

次にファイル名と保存先を指定して、「Save」をクリックします。

Ios rec 021

動画ファイルが保存されます。

Ios rec 017

保存が終了したら、自動的に動画が再生されました。ゲームなどの音声もしっかり再生出来ました。ただ、使用版は動画の下に「Reflectoer」という文字の透かしが入ってしまうようです。

Ios rec 018

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク