AirDropを使って写真やビデオを転送する方法

こんばんは、くろさるです。

iPad Retina ディスプレイモデル(以下iPad4)をiOS 7.0.6 にバージョンアップしたことによって、iOS 7の新機能である「AirDrop」が使えるようになったので、同じiOS 7であるiPhone5s とiPad4でAirDropを体験してみました。

まず、iPhone5sのコントロールセンターから赤枠で囲った「AirDrop」をタップして有効にします。

Airdrop5s4 014

スポンサーリンク

今回は、連絡先に登録していないiPad4に転送するので「全員」をタップしました。

Airdrop5s4 013

次にiPad4もiPhone5sと同様にAirDropを有効にします。

Airdrop5s4 003

写真を「AirDrop」で転送する

とりあえず、カメラロールから写真を転送してみたいと思います。

転送したい写真を表示し左下にあるアイコンをタップ。これは先日居酒屋で食べた鉄板餃子です(笑)

Airdrop5s4 015

メニューが表示されるので、そのまま待機。

Airdrop5s4 016

すると、さっきAirDropを有効にしたiPad4がアイコンで表示されるので、これをタップします。

Airdrop5s4 017

すると、iPadのアイコンが待機中となります。

Airdrop5s4 018

間もなく、受け側のiPad4でAirDropのポップアップが表示。「受け入れる」をタップします。

Airdrop5s4 004

あっさり転送完了。こりゃ便利です。しかもBluetoothを使っているので回線の強さに左右されないのがいいですね!

Airdrop5s4 006

ビデオもこのように転送可能。

Airdrop5s4 024

面白いところでは、このようにボイスメモもOKでした。

Airdrop5s4 019

複数ファイルの転送方法

ちなみに、複数の写真を転送したいときは、写真アプリの一覧で右上の「選択」をタップし、

Airdrop5s4 029

転送したい写真を複数選択してから、AirDropで転送することが出るようです。

Airdrop5s4 030

このように、写真とビデオが混ざっていても転送可能でした。

Airdrop5s4 032

「AirDrop」の主な用途は写真やビデオ、連絡先だと思いますが、アプリによってはそれ以外のファイルも転送可能な場合があるようです。

ちなみにApple純正のNumbersやPagesなどのオフィス系アプリは転送不可でした。

Airdrop5s4 027

転送する相手がiOSデバイス&近くにいることが限定ですが、回線やWi-Fiなどを使わずにファイルの共有ができる「AirDrop」意外と便利ですよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク