脱獄したらみんなやるよね?ステータスバーの日付表示を変更してみた

こんばんは、くろさるです。

iPhoneを脱獄したらとりあえずやるであろう、ステータスバーの日付表示を変更してみました。

まず、「Cydia」からアプリをインストールします。

「Cydia」のトップから「StatusTime+」を検索してインストールします。

S off 00

スポンサーリンク

「Install」をタップ。

S time 07

「Confirm」をタップ。

S time 08

アプリがインストールされます。

S time 09

「Restart SpringBoard」をタップしてiPhoneを再起動。

S time 10

「StatusTime+」はホームにアイコンが出来ません。設定は「設定」アプリから行います。

S time 11

「StatusTime+」をタップ。

S time 12

画面中央の「Format」をタップすると日付の変更ができます。デフォルトでは「hh:mm」となっているので「何時:何分」と表示されていました。

S time 13

これに、日付を追加します。「m/d hh:mm」と変更しました。

S time 14

「Format」に入力後、「Save」をタップして変更完了。

S time 15

すると・・・あらら?

2月ではなくて39とか変な数字になっています。もしかして月の部分は大文字にしなくちゃいけないんですね(笑)

S time 16

気を取り直して今度は「M/d(E) hh:mm」と変更。「M」を大文字に、「 (E) 」を追加して曜日も表示しました。曜日も大文字ですよ(笑)

これで日付プラス曜日も、ひと目で分かるようになりましたね。

S time 18

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク