iPhoneをiTunesを使って初期化する方法について

iPhoneを長期間使っていると、調子が悪くなることがあります。

設定の改善で少しは良くなることはありますが、根本的にはiPhoneを初期化をする必要があります。

ここではiTunesを使ってiPhoneを初期化する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

まず、パソコンでiTunesを起動し、iPhoneをパソコンをライトニングケーブルで接続します。

すると、iTunesの画面で、矢印のようにiPhoneのアイコンが出てくるのでこれをクリックします。

次に画面左のメニューから「概要」「iPhoneを復元」の順番にクリックします。

※この時、初期化をする前にはiPhoneのバックアップをしておくことを強くおすすめします。

iPhoneを初期化していいかの確認の画面が出ますので「復元」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「同意します」をクリックします。

iPhoneのファームウェアのダウンロードが始まります。

特に画面には進捗状況などは表示されませんが、このままにしておきます。

10分程度でダウンロードが終わり「ソフトウェアを抽出中」になりました。

このダウンロード時間はお使いのインターネット回線により変わります。

自動的にiPhoneの初期化が始まります。初期化中は絶対にライトニングケーブルを外さないでください。

この時、iPhoneの画面は画像のようにリンゴマークが表示されています。

10分程度でiPhoneの初期化が終了しました。

iPhoneの画面はこのように初期設定の画面になります。

初期化したiPhoneへ、バックアップの復元をしたいときは「このバックアップから復元」を選択して、「続ける」をクリックしてください。

まっさらなiPhoneの状態から使いたいときは「新しいiPhoneとして設定」を選択して「続ける」をクリックします。

これでiPhoneの初期化が完了しました。

今回は、iTunesを使ってiPhoneを初期化しましたが、パソコンを使わずに初期化する方法もあります。詳しくはこちらの記事を御覧ください。

パソコンを使わずにiPhoneだけで初期化する方法

スポンサーリンク