iOS11.2で[FaceIDができない][顔認証しない]不具合の対処方法

2017年12月2日にリリースされた「iOS11.2」をインストールしたiPhone X で「FaceID」が使えなくなる不具合が一部のユーザーで発生しているようです。

これによって「Face IDができない」「認証しない」「顔認証できない」ユーザーがいるようです。

このFace IDが使えなくなる不具合の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Face IDを使えるようにする方法

iOS11.2 にアップデートすることによって顔認証ができなくなった「iPhone X」を直す方法は簡単です。

殆どの場合は、iPhone Xを再起動することで、Face ID が使えるようになるようです。

◯iPhone X を再起動する方法です

  1. iPhone X で再起動する方法は、サイドボタンとボリュームボタンのどちらかを数秒間押し続けます。
  2. 出てきたスライダを右へスライドします。
  3. 電源オフになります。
  4. サイドボタンをアップルおごが出てくるまで押し続けます。
  5. アップルロゴが出てきたら電源オンになります。

◯iPhone Xを強制再起動する方法

  1. ボリュームを上げるボタンを押してすぐにはなします。
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐにはなします。
  3. アップルロゴが出るまでサイドボタンを押し続けます。
  4. iPhone Xが強制再起動します。

iOS11.2 へのアップデートについて

iOS11.2はアップルによって緊急リリースされたようです。

そのため今回のような不具合がまだまだ出てくる可能性があります。

iOS11.2以下の状態で、不具合がない場合iOS11.2へのアップデートは様子を見ることをオススメします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク