iPhone6sのSIMカードの取り出し方や入れ方!取り出せない時の注意点について

iPhone6sは発売から2年経過したので、機種変更をしたり、そろそろ格安SIMにしようかなと思っている人も多いと思います。

そこで必要になってくるのがSIMカードの入れ替え。

やったことがないとどうやってやるのか不安になるかもしれません。

そこでiPhone6sのSIMカードを取り外す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

取り外し用の専用ピンについて

iPhone のSIMカードを取り外すためには、この専用のピンが必要です。

これは、iPhone を買った時の箱の中に入っています。

これはiPhone 6sの箱ですね。

箱の中にこんな物が入っていると思います。

この入れ物を開くと、このようにしてピンが入っています。

もしなくしてしまって無い場合は、クリップや安全ピン、画鋲などでも代用できるようです。

SIMカードの取り外し方

SIMカードを取り外す前に、iPhone の電源をオフにします。

スリープボタンを押して画面を消すのではなく、完全にシャットダウンしてください。

iPhone の電源の消し方はこちらを参考にしてください。

iPhone の電源の消し方

iPhone のSIMカードは本体右側の中央にあります。

赤丸で囲った部分に専用ピンを差し込んでSIMカードを取り外します。

ピンをSIMカードスロットの穴の中に差し込んで、矢印の方向へグッと押し込みます。

※初めて出す時は、ちょっと硬いかもしれませんが、ピンが横に曲がらないように気をつけて押しこんでみてください。

すると写真のようにトレイがちょっと出てきます。

あとは手でトレイを引き出します。

これでSIMカードが取り外すことが出来ましたね。

SIMカードのトレイとiPhone の nanoSIMカードには、切欠きがあります。

SIMカードを入れる時はこの切り欠きが合うようにトレイにのせてからスロットに戻してください。

SIMカードの入れ方

SIMカードを取り外したiPhone はこのようになっています。

この部分にSIMカードを入れたトレイを戻します。

SIMカードをトレイに戻し、穴の位置が合うように差し込みます。

トレイを戻す時は、軽く指で押し込んでやると、簡単に入れることが出来ます。

もしも軽く入らない場合は、もう一度SIMカードの向きや、トレイの穴の位置を確認して無理して押し込まないように気をつけましょう。

さいごに

以前はほとんど触ることのなかったSIMカードですが、格安SIMの普及によって、自分で入れ替えをすることが少なくなくなってきました。

手順がわかれば難しくないので、格安SIMに乗り換える際は参考にしてみてください。

今、お勧めの格安SIMはLINEモバイルです。

音声付き3GBプランで毎月2000円以下の支払いなので、ドコモやau、ソフバンクに比べて6000円くらいお得になりますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク