バッテリー残量が少ないけど時間がない!短時間でiPhoneを充電する方法

こんばんは、もう少しでなめこDeluxeのイベントがありそうなので楽しみなくろさるです。

出かける直前になってiPhoneを見ると充電するのを忘れていてバッテリー残量が少ないなんてことありますよね。そんな時にできるだけ早く充電する方法です。

IMG 2040

スポンサーリンク

ACアダプタで充電する

iPhoneはACアダプタでもUSBでも充電できますが、やはり充電スピードが速いのはACアダプタによる充電です。最近非純正のアダプタを使った事故が多いらしいので、なるべくACアダプタはアップル純正を使いたいところですね。

iPhoneの電源をオフにして充電する。

充電中はできるだけiPhoneの電力を使いたくないので、iPhoneの電源をオフにすると充電が早くできます。

電源をオフにできない時は機内モードかおやすみモードにする

充電を早くするには、電源をオフにするのが一番だと思うのですが、どうしてもオフにできない時は、機内モードやおやすみモードにするのがいいと思います。ただ、機内モードだと着信を受けられないので、どちらかというとおやすみモードの方がオススメですね。

カバーを付けている時はカバーを外して充電する

これは効果が大きくないかもしれませんが、バッテリーの温度が高いと充電効率が低くなるらしいので、なるべく室温で充電するといいようです。

USB充電の場合は、他のUSB機器を外す

デスクトップパソコンの場合はあまり影響が無いと思いますが、ノートパソコンでUSB充電をする場合は、供給電力が少なくなるため他のUSBを外した方がいいかもしれません。

まとめ

時間がないときiPhoneを早く充電する方法、いくつか書いてきましたが、一番オススメなのは「iPhoneの電源をオフにしてACアダプタで充電すること」だと思います。夏場で厚めのカバーをしている時ならカバーを外して充電するのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク