iPhone5sだけでYouTubeを簡単ダウンロードする方法

こんばんは、くろさるです。

先日YouTube動画をiMacからダウンロードしてiPhoneに転送する方法を紹介しましたが、何回も再生すると通信量がかさむので、出先でiPhoneに直接保存したい時もありますよね。そんな時のiPhoneに直接YouTubeをダウンロードする方法です。

YouTube動画をダウンロードするために今回は「iBolt」というアプリを使います。

Ibolt 01

スポンサーリンク

画面下の「ブラウザ」をタップします。

Ibolt 02

Safariと同様に検索してYouTube動画を表示します。

Ibolt 03

再生ボタンをタップして、動画を再生します。HQ動画をダウンロードしたい時は動画左下の「HQ」をタップしてから再生します。

Ibolt 04

すると、すぐに画面下にボタンが表示されるので「メモリにダウンロードする」をタップします。

Ibolt 05

このアプリは無料版なので「後で再度知らせてください」をタップするとダウンロードが開始されます。

Ibolt 06

ダウンロードが終わったら、動画タブに保存されているので、保存された動画をタップすると動画が再生されます。

Ibolt 07 1

動画をiMacに転送する方法

iBoltでダウンロードしたファイルをiMacに転送することもできます。

iBoltの「設定」から「バックアップデータ」をオンにします。

Ibolt 08 1

次にiPhoneをiMacにつなぎiTunesを開きます。

「iPhone5s」「App」「Firee Video」「保存した動画ファイル」「保存先」とクリックします。

Ibolt 09 1

保存先を選択して「保存先」をクリックします。

Ibolt 10

すると、iMacに動画ファイルが転送できました。

Ibolt 11

動画をiMacで再生すると「320×182」と解像度はちょっと低めでした。HQの場合は「640×360」の解像度でした。

Ibolt 17

動画をカメラロールに保存

保存したファイルはiBoltからいつでも再生できるんですが、iBoltは広告が多めなので頻繁に使うにはちょっと厳しいです。

なので、保存したファイルをカメラロールに保存して再生する方法です。

iBoltの動画一覧から保存したファイルを長押しします。

Ibolt 14

「カメラロールに保存する」をタップ。

Ibolt 12

するとカメラロールに先ほどの動画ファイルが保存されました。タップすると再生できます。

Ibolt 15

カメラロールからも簡単動画転送

ちなみに、カメラロールに保存したのでiPhone5sをiMacとUSB接続すると「イメージキャプチャ」から写真と同様に簡単にコピー保存することができるようになりました。上の方で紹介した方法は、iBoltの正式な転送方法なんですが、個人的にはこちらの方が操作しやすかったですね。

Ibolt 16

iBoltを使った方法は、iPhoneのみを使って手軽にダウンロードする方法です。より高画質な動画をダウンロードしたい時は、iMacを使った方法だと高画質な動画をダウンロードできましたよ。

iMacからYouTube動画をiPhoneに転送する方法

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク