iPad(3rd generation)をiOS 7.0にアップデートしてみた

2013年9月18日、iPhone5s発売より一足先にiOS7.0がリリースされました。

対応機種はiPhone 4以降、第5世代のiPod touch、iPad 2以降となっているので我が家のiPad(3rd generation)は、ばっちりアップデートが可能です。

iPadソフトウェアのダウンロード

iMacとiPadをUSBケーブルで接続します。

IMG 1462

スポンサーリンク

するとiMacの画面上にソフトウェアのダウンロードについて表示されますので、今回はダウンロードのみを選択しました。

Ios70 21

「次へ」をクリック。

Ios70 23

「同意します」をクリック。

Ios70 24

ファームウェアのダウンロードが始まります。

その容量は1.31GB。ダウンロード時間なんと5時間!そりゃいくらなんでも遅すぎでしょ!

仕方ないのでちょっくらご飯でも食べてきます。

Ios70 26

ゆっくりご飯を食べてテレビを見てから画面を見ると・・・

ダウンロードが終了したようですね。

Ios70 27

アップデート開始

iTunesの画面から「アップデート」をクリックします。

Ios70 28

「続ける」をクリック。

Ios70 29

「アップデート」をクリック。

Ios70 30

iPadが再起動され、アップデートが始まります。リンゴマークとプログレスバーが表示されます。

IMG 1457

5分ほどでアップデートが終了し、iPadの画面上に「Hello」と表示されます。

IMG 1459

iPadの画面をスワイプすると、「アップデートが完了しました」を表示されます。

「続ける」をタップ。

Ios70 04

自宅で使用しているので「位置情報サービスをオフにする」をタップ。

Ios70 05

apple IDのパスワードを入力します。

Ios70 07

「次へ」をタップ。

Ios70 10

パスコードはかけていないので、「パスコードを使用しない」をタップ。

Ios70 11

設定完了です。

Ios70 13

アップデートの完了

フラットデザインのiPad版iOS7.0のホーム画面です。

今までと比べると、かなり違和感がありますね。

Ios70 15

面白いのが時計アプリのアイコン。これって実際の時間を表示してホーム画面上でリアルタイムに動き続けているんですね。じーっと見ていると秒針が動いているのがわかりますよ。

Ios7clock

バージョンの表示は、「7.0(11A465)」になりました。

Ios70 16

今回のアップデートにかかった時間は、ダウンロードを除いて約10分でした。

思っていたよりあっさり終わって拍子抜けしましたが、データがたくさん入っている場合にはもう少し時間がかかるのかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク