iPhone6sをiOS12.1.1にアップデートした時のWiFiやLINE等の不具合について

日本時間の2018年12月6日に、iOS12.1.1(iOS12.11)がリリースされました。

iOS12.1.1をiPhone6sにアップデートしても大丈夫なのか、Wi-FiやLINEの動作等についてご紹介します。

スポンサーリンク

iOS12.1.1について

iOS12.1.1は2018年12月6日(日本時間)にリリースされました。

iOS12.1.1の主な変更点は以下のとおりです。

iOS 12.1.1では、iPhoneおよびiPad用の機能が追加され、バグも修正されました。以下の機能および改善が含まれます:

iPhone XRで触覚タッチを使って通知のプレビューを表示可能
iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS MaxでeSIMを使ったデュアルSIMに対応した通信事業者をさらに追加
FaceTime通話中に1回のタップで背面側カメラと前面側カメラを切り替えることが可能
1対1のFaceTime通話中にLive Photosを撮影可能
iPadおよびiPod touchでWi-Fi通話時にリアルタイムテキスト(RTT)を使用可能
音声入力とVoiceOverの安定性を改善

iOS12.1.1の不具合等について

実際にiPhone6sをiOS12.1.1にアップデートしてみましたが、今の所快適に動作しています。

Wi-FiやLINEの動作についても問題ありません。

自宅のWi-Fiでスピードテストをしてみました。

HDストリーミングが可能です。

LINEモバイルのSIMでもスピードテスト。

概ね好調です。

LINEアプリも最新版の8.18.0で動作確認したところ、問題ありませんでした。

全体的な動作についても「iOS12.1」くらべて気になるところはありません。

バッテリーの消耗については、これから使ってみないとわかりませんが、それほど大きな差はないのではないでしょうか。

LINEモバイルの動作について

上で既にスピードテストをしていますが、格安SIMである「LINEモバイル」でもIOS12.1.1の動作については、問題ありませんでした。

ただし、格安SIMによって、動作が異なる恐れがあるので、他の格安SIMをお使いの場合は、公式サイトなどで動作することを確認されることをおすすめします。

まとめ

iOS12.1.1はマイナーアップデートなので、アップデートによる特に大きな問題は起こっていないようです。

しかし、iOS12.1.1の変更内容は、新機種であるiPhoneXRやiPhoneXSへの機能の追加が多いので、旧機種にインストールする必要性はあまり感じませんね。

スポンサーリンク