iOS12.1がリリース!LINEやWi-Fi等の不具合とバッテリーの消耗について

2018年10月31日(日本時間)午前2時頃、アップルより「iOS12.1」が公開されました。

「iOS12.1」の更新内容やアップデート後の全体的な不具合、Wi-FiやLINE等のアプリ、格安SIM等の対応状況についてご紹介します。

スポンサーリンク

iOS12.1について

iOS12.1は2018年10月31日午前2時頃、アップルより公開されました。

ファイル容量は「iOS12.0.1」のインストールされたiPhone6sで「iOS12.1」にアップデートする場合、387.5MBありました。

iOS 12.1では、グループFaceTimeが導入され、70種類を超える新しい絵文字が追加されました。また、iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのeSIMを使ったデュアルSIMに対応しました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。

iOS12.1へのアップデート方法

iOS12.1にアップデートするためには、Wi-Fiを使ったiPhone(iPad、iPod touch)単体でアップデート

するOTAアップデートと、パソコンに接続してiTunes経由で更新するる方法があります。

今回はWi-Fiを使ったiPhone単体のOTAアップデートを使って更新しました。

iOS12.1へアップデートするための時間

iOS12.0.1からiOS12.1にアップデートする場合、アップデートファイルをダウンロード開始してから、アップデートが完了するまで、約15分の時間がかかりました。

  • iOS12.1のダウンロード時間(光回線):約1分
  • アップデートの準備:約8分
  • アップデート:約5分

iOS12.1 の不具合について

現在iOS12.1にアップデートした時点(2018年10月31日午前2時30分)では、特に不具合は起こっていません。

バッテリーの消耗や、その他の不具合については、もう少し使ってみないとなんとも言えませんが、今回のアップデートによる大きい不具合については今の所ないようです。

iOS12.1自体の不具合

2018年10月31日午前2時30分時点。異常なし

バッテリーの不具合について

特に異常はなし。

アプリの不具合について

アップデート直後では、特に異常はありませんでした。

Wi-Fiの不具合

Wi-Fiも特に問題なく接続可能でした。

格安SIMの対応状況について

LINEモバイルについては、特に問題なく接続することができています。

iOS12.1の評価について

2018年10月31日に公開されたiOS12.1は、主にeSIMの新規対応、グループFacetimeや新しい絵文字の追加などがされました。

リリース時点では大きな不具合もなく、正常に動作しているようです。

ただ、新しいOSの場合は不具合等が起こる可能性がありますので、情報がある程度集まるまで、アップデートせずに様子を見ることをおすすめします。

スポンサーリンク