iPhotoの自動起動をオフにする設定方法

こんばんは、くろさるです。

iPhotoをOS Xにインストールすると、メモリーカードやiPhoneを接続した時にiPhotoが自動で起動して写真データを読み込みにいってくれるんですが、iPhotoの起動って微妙に遅いですよね。何回も出し入れすることがあるとそのたびにiPhotoが起動してまたされるのが少々面倒になってきます。

そこで、今回はiPhotoの自動起動をオフにしてみました。

Iphoto off 001

スポンサーリンク

iPhotoのメニューから、環境設定を開きます。

Iphoto off 002

環境設定の中に、「カメラ接続時に開くアプリケーション」という項目があります。

Iphoto off 003 1

そのメニューの中に、「割り当てアプリケーションなし」というのがありますので、それを選択するとカメラ接続時にiPhotoが起動しなくなります。

Iphoto off 004

でも今回は、デフォルトのように「イメージキャプチャ」に戻して使ってみます。

Iphoto off 005

イメージキャプチャって起動が早くて気に入ってるんですよね〜。iPhotoにしてからイライラする日が続いていたので、これで作業がはかどります(笑)

Iphoto off 006

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク