ことえりの代わりにGoogle日本語入力変換をインストールしてみた

こんばんは、くろさるです。

ブログを書いているといつも苦労するのが、Macに標準搭載の「ことえり」の日本語変換です。思ったように変換されずいらいらすることも多いので、リアルタイム変換で無料の日本語変換「Google日本語入力」をインストールしてみました。

ここから、Mac版Google日本語入力をダウンロードします。

http://www.google.co.jp/ime/index-mac.htmlGooglejapanese 01

スポンサーリンク

「同意してインストール」をクリック。

Googlejapanese 03

ダウンロードが終了したら「GoogleJapaneseInput.dmg」を開きます。

Googlejapanese 04

続いて「GoogleJapaneseInput.pkg」をダブルクリック。

Googlejapanese 05

あれ、変ですね。とりあえず「OK」をクリック。

Googlejapanese 06

「続ける」をクリック。

Googlejapanese 07

ようやくインストーラーに入りました。

Googlejapanese 08

「インストール」をクリック。

Googlejapanese 09

Macのログインパスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリック。

Googlejapanese 10

ファイルのコピー中です。

Googlejapanese 11

「有効にする」を選択して「続ける」をクリック。

Googlejapanese 12

インストールが終了しました。「閉じる」をクリックします。

Googlejapanese 13

Google日本語入力が有効にならない

これで、Google日本語入力が使えるかと思ったんですが、まだことえりが居座っていました。キーボードで「かな」キーを押してもことえりが有効になるだけです。

Googlejapanese 14 1

そうだ!再起動してみたら変わるんじゃないか?と思い、再起動してみても変化なし。

Googlejapanese 15

とりあえず困ったときの「システム環境設定」を開きます。「キーボード」の項目がありました。

Googlejapanese 16

「キーボード」で、「入力ソース」タブを選択し、「ことえり」「ー」ボタンとクリックします。

Googlejapanese 17

「ことえり」が入力ソースから消えました。でもこれでもまだうまく行かなかったので「書類ごとに入力ソースを自動的に切り替える」にチェックを入れました。

Googlejapanese 19

これで、ようやくGoogle日本語入力デビューです。「かな」「英数」キーで切り替えも無事出来ました。最後のチェックは必要なかったかもしれません。

Googlejapanese 20

この記事もGoogle日本語入力で打っているんですが、やっぱり変換が楽ですね。

Google日本語入力というと百度の日本語IMEやSimejiのようにタイピング情報を送信しているんじゃないかという不安もありますが、Google日本語入力はそういうことはないようです。ですが、眼に見えないものですのでそういうこともあるんじゃないかと思いながら使ったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク