ニンテンドーDS Liteのボタンを交換修理してみた

ニンテンドーDSを3台預かりました。どういうことかというと3台それぞれ故障して使い物にならないそうです。それで、使い物になる部分を寄せ集めて何とかできないかと・・・、いわゆるニコイチってやつですか。この場合は3コイチ?

20150316 100

スポンサーリンク

左から、ヒンジ、十字ボタンの動作不良。

20150316 102

これが一番程度が良くて、十字ボタン不良のみ。

20150316 104

これなんかヒンジ部分が全く機能してなくてグラグラです。でも十字キーは結構良さそう。

20150316 103

この中では一番程度のいい、緑DSの十字キーの部品を、シルバーのDSから取ることにしました。

まずは緑DSをひっくり返してネジを取っていきます。

20150316 106

最初にバッテリーカバーを外して、バッテリーを抜きます。

20150316 107

8箇所あるネジを外していきます。青は普通のプラスの精密ドライバー。赤はニンテンドー対応の特殊精密ドライバーで外していきます。

20150316 108

特殊精密ドライバーは最近はホームセンターでも普通に売っているこのドライバーを使います。

20150316 105

裏のカバーが外れました。

20150316 109

次に基板にあるこのネジを外します。これでカバーから基板が外れるので、十字キーの裏のゴムボタンが取り外せます。

20150316 110

これがそのゴムボタン。使いすぎて千切れそうになっていますね。こりゃボタンが効かなくなるわけだ。

20150316 111

同様にシルバーのDSからもゴムパーツを外します。右のパーツがそうなんですが、こちらはまだしばらく使えそうです。

20150316 113

パーツを組み込んで元通りに組み立てます。

20150316 114

バッテリーを取り付けて完成。

20150316 115

動作確認完了。十字キーが使えるようになってゲームが遊べるようになりました。

20150316 116

このようにボタンのパーツと、バッテリーさえ交換できればまだまだDSも現役で遊べそうですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク