WindowsVista搭載ノートパソコンのメモリを交換してみた!

Windows Vista 搭載ノートパソコンのメモリ増設をしました。

20150315 104

スポンサーリンク

このノートパソコンはDELLのInspiron 1525。2008年発売でメモリは1GBしか載っていません。この持ち主は最近Windows7の機種に買い替えたんですが、なんとかこのノートも使えないかということでメモリを増設することにしました。

買ってきたのはIO DATAの2GBのメモリ。SDX667-2GB/EC。DDR2-667です。amazonで3700円で購入。

20150315 100

開封してみると、この用にビニール袋に入ったメモリが1枚だけ入っていました。他には何も入っていません。ほとんどバルク扱いですね。

20150315 102

早速メモリを交換します。まずはノートを裏返して、バッテリーを外します。

20150315 110

次に裏蓋を外すためにネジを緩めます。

20150315 111

裏蓋を外すとメモリが登場。なんと512MBが2枚ささっていました。予定では1GB+2GBで合計3GBになるはずだったんですがアテが外れちゃいましたね。

20150315 106

まぁしょうがないんでメモリを一枚交換します。赤丸の爪の部分を外側に動かしてメモリを外します。

20150315 107

代わりに2GBのメモリを挿して、矢印の方向に押し付けます。

20150315 108

メモリ交換完了。後は裏蓋を元に戻して作業完了。

20150315 109

もともとが1GBしか無かったので、2.5GBでもずいぶん快適になりました。

メモリももうちょっと安くなってくれれば気軽に増設できるんですけどね。

20150315 113

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク