OS X でフリーズして動かなくなってしまったアプリを強制終了する方法

こんばんは、くろさるです。

Mac はとても安定していてアプリがフリーズすることは滅多にありませんが、それでもたまに反応しなくなってしまうことがあります。

そんな時はアプリケーションの強制終了を使うことで動かないアプリを閉じることができます。

アプリがフリーズして動かなくなったらキーボードから「esc」「command」「option」キーを同時に押します。

Yos appoff 000

スポンサーリンク

するとウィンドウが開くので、終了したいアプリを選択して「強制終了」をクリックします。

Yos appoff 001

確認されるのでもう一度「強制終了」をクリックします。これでアプリが終了できます。

Yos appoff 002

他にもデスクトップのメニューから「強制終了」を開くことでも先ほどと同じウィンドウが開きます。

Yos appoff 006

また、Lounchpad から「その他」の中の「アクティビティモニタ」でもアプリの終了ができます。

Yos appoff 003

アクティビティモニタを開き、「メモリ」タブ、終了させたいアプリ、「表示」から「プロセスを終了」をクリック。

Yos appoff 004

「強制終了」をクリックで、フリーズしたアプリの終了をすることができます。

Yos appoff 005

アプリの動きがちょっと変だなと思った時にも、一旦アプリを再起動させると、調子よくなったりもするので意外と使えたりするんですよね。ただし、作業中のデータなどは強制終了させると保存できなくなってしまうので、こまめな保存は忘れずに!

ちなみに今回の方法はYosemiteやMavericks など多くのOS X で使えるはずです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク