[Yosemite]Macの続きがiPhoneで出来る?!Handoffを使う方法

OS X が Yosemite にアップグレードしたことによって、iOS 8 搭載のデバイスとの間で「Handoff」が使えるようになりました。

「Handoff」はMac でやっていたことの続きがiPhone で出来たり、その逆もアリなとっても便利な機能です。

Yos hoff 017

スポンサーリンク

「Handoff」については、iOS 8 の登場時に何かで読んで知っていたんですが、それから Yosemite 公開までしばらくあったので忘れていたんですね。でも最近 Mac を使っていると、ドックにこんなアイコンがちょくちょく出るんです。クリックしてみると、さっき iPhone で見ていたサイトが表示される。あぁ、これが「Handoff」なのね、と知った次第です(笑)

Yos hoff 018

このHandoff 何が連携できるかっていうと・・・

まずはさっきも言った、「Safari」の連携。

MacのSafariでサイトを見ていると・・・

Yos hoff 011

iPhone のロック画面左下に「Safari」のアイコンが表示されます。これを上にスライドすると・・・

Yos hoff 000 1

このように、iPhone の Safari で続きが見られちゃうんです。

Yos hoff 001

同様に作成中のメールも・・・

Yos hoff 002

作成途中のメールまで同期されちゃいます。

Yos hoff 003

見ていた地図まで、

Yos hoff 007

後からiPhone で見ることができます。

Yos hoff 008

今回の例はMac から iPhoneの場合でしたが、逆にiPhone の続きもMacで見ることが可能です。iPhone と Mac を同時に所有しているときのメリットがだんだん大きくなってきましたね。

Handoff を有効にする方法

もし、Handoff が使えない場合のYosemite と iOS 8 の設定確認方法です。

iPhone では「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオンになっていること。

Yos hoff 010

「設定」アプリの「一般」「Handoffと候補のApp」で「Handoff」がオンになっていることが必要です。

Yos hoff 009

またYosemite 側でも、「システム環境設定」の「一般」で「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックが入っていることが必要です。

Yos hoff 016

「Handoff」が使えないときはこれらの設定を見直してみるといいですよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク