Mac 起動時にアプリを自動的に起動させる設定

Macを起動(ログイン)したときに自動でアプリが起動するようにする設定です。

例えば、メールを設定すると、Macを起動したときに自動的にメールを受信するように設定することができます。

スポンサーリンク

アプリを自動起動するようにする設定

システム環境設定を開きます。

ユーザとグループを開きます。

設定したいユーザーを選択して、「ログイン時」を選び「+」をクリックします。

アプリケーションフォルダが表示されるので、自動起動したいアプリを選択して、追加をクリックします。

ここでは「メール」を選びました。

ログイン項目にメールが追加されました。

これで次回起動時(ログイン時)に自動的にメールが起動するようになりました。

再起動して、試してみましよう。

Macを再起動すると、自動的にメールが立ち上がり新着メールを受信してくれました。

自動起動のアプリを無効にする方法

逆に自動起動していたアプリを無効にするには、設定のときとは逆に無効にしたいアプリを選択して「ー」をクリックしてください。

このようにアプリが一覧から削除されたら設定終了です。

スポンサーリンク