Macで隠しファイル・フォルダを表示するショートカットやアプリについて

MacのFinderで隠しファイルや隠しフォルダを表示させる方法です。

ターミナルやアプリで表示させる方法もありますが、ショートカットで切り替える方法が1番簡単でおすすめです。

スポンサーリンク

Macで隠しファイル・フォルダを表示するには、隠しファイルを表示したいフォルダをFinderで開いて次のショートカットを実行します。

「command」「shift」「.(ピリオド)」を同時に押します。

こちらがショートカットを実行する前。

「command」「shift」「.(ピリオド)」を同時に押すと、隠しファイルが表示されました。

一応ターミナルとアプリで隠しファイルを表示する方法もご紹介します。

ターミナルで隠しファイルを表示する方法

ターミナルで隠しファイルを表示する方法です。

ターミナルは「Launchpad」から起動します。

「Launchpad」の「その他」の中に入っています。

ターミナルを開き次のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

コマンドを実行したら、次のコマンドを実行しファインダーを開き直します。

$ killall Finder

アプリで隠しファイルを表示する方法

アプリで隠しファイルを表示するためには「Funter」というアプリをインストールします。

AppStoreから入手することができます。

https://itunes.apple.com/us/app/funter-show-hidden-files/id1109422934?mt=12

まとめ

Macで隠しファイルを表示する方法には、いくつか方法がありますが、ショートカットで切り替えるのが1番簡単です。

「command」「shift」「.(ピリオド)」の同時押しでできるのでぜひやってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク