OS X El Capitan にBoot Camp で Windows10をインストールしてみた

OX X 10.11 El Capitan の MacBook Pro Retina に Boot Camp を使ってWindows10 をクリーンインストールしました。

Mac 20151019 004

スポンサーリンク

 

途中でトラブって結構苦労しましたが無事にWindows10をインストール完了。

Mac 20151019 001

 

Boot Camp で Windows10 をインストールしたMacBook Pro Retina のスペックはこんな感じです。

Mac 20151019 003

MacBook Pro(Retina,15-inch,Late 2013)

プロセッサ 2.3 GHz Intel Core i7

メモリ 16GB 1600 MHz DDR3

OS X 10.11 El Capitan

 

今回は、Windows10 Insider Preview でWindows 7 のプロダクロキーを使い直接クリーンインストールを試みたんですが、Boot Camp ドライバをインストールするところで先に進まなくなってしまいました。

 

ネットで調べてみても同じような不具合は無し。

Windows10をインストールした後のBoot Campドライバをインストール中「RaelTek」ドライバのところで止まるんです。

 

何度やっても同じところで止まるので、Boot Campドライバをインストールせずに、Insider Preview 版に製品版を上書きインストールすることで解決しました。

僕のMacでは Insider Preview 版にはBoot Camp 6 をインストールできなかったようです。

 

これで年末の年賀状書きがなんとか無事出来そうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク