iPhone を Mac に接続した時に出る「 カメラが検出されませんでした」の表示を消す方法

いつからかiPhoneをMacにLightningケーブルで接続するとこのような表示が出るようになったんです。

「カメラが検出されませんでした」

Mac 20150502 000

普段は特に気にならなかったんですが、Quicktimeなどで iPhone の動画を撮っている時に何度も出てくるので表示を消すことにしました。

スポンサーリンク

調べてみると、原因はプリンタを接続した時にインストールされたキヤノンの「CameraWindow」が原因だったようです。

Mac 20150502 004

iPhoneを接続すると、イメージキャプチャが自動で「CameraWindow」を起動しようとしていたので、このような表示が出ていたようです。

そうと分かれば設定変更。

イメージキャプチャを起動し、左下の矢印をクリックします。イメージキャプチャはLounchpadから起動出来ます。

Mac 20150502 001

やはり、iPhone接続時に開くアプリケーションに「CameraWindow」が設定されていました。ここをクリックします。

Mac 20150502 002

「割り当てなし」を選択して設定終了。

Mac 20150502 003

これで、表示が出なくなってスッキリしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク