Windows10の最低システム要件が公開!今度のWindowsはいろんな端末で使えるかも?

2015年3月19日、中国で開催されたイベントで、Windows10をインストールするために必要なシステムの詳細が発表されたそうです。

2015 03 19 22 27 44

スポンサーリンク

発表された内容によるとWindows10を使うためには、64ビット版でメモリが2GB以上。ストレージが20GB以上必要。32ビット版でメモリが1GB、ストレージが16GB以上必要とされています。最低システム要件なのでこれでどこまで快適に動くのかはわかりませんが、現在使われているパソコンにはたいていインストールできそうです。

MicrosoftがWindows 10の最低システム要件を発表 – GIGAZINE

2015 03 19 22 39 03

同時にWindows Phoneの仕様も公開されているようです。

Windows10では、リリースから1年間はWinodws7、Winodws8.1向けに無償アップデートが決定されているそうなので、Windows10を導入予定の場合は今のうちから7や8.1を購入していても良さそうです。

Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能 – GIGAZINE

また、今度のWindowsではAndroid端末にWindows10をインストールできてしまうカスタムROMを開発中の可能性があるそうです。

これが実現したらかなり面白いことになりそうです。あまり古い端末には入れられないかもしれませんが、機種変更して棚の奥に眠っているAndorid端末を新しいガジェットに生まれ変わらせられるかもしれませんね。

MS、「Windows 10」を「Android」端末に搭載する技術を開発–Xiaomi「Mi4」に提供 – CNET Japan

Window10のリリースは2015年夏公開予定。オフィスソフトなんかはWindows版が必要な場合が多いのでBootCampを使ってインストールしておくのも良さそうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク