[Yosemite]日本語IMの代わりにGoogle日本語入力をインストールする方法

Yosemiteになってから、日本語入力が良くなったというのでしばらく使っていましたが、やっぱりApple純正の日本語変換「日本語IM」ではうまく変換されないことが多いので、Googleの日本語変換をインストールしてみました。

Mac 20150211 119

スポンサーリンク

MacのOS X では以前のバージョンまで「ことえり」という日本語変換が採用されていましたが、Yosemiteからは「日本語IM」に変更されました。これに伴って日本語変換能力も向上したとのことですが、やっぱりしっくり来ませんでした。

Mac 20150211 100

Google日本語入力のダウンロード

まずは、このリンク「http://www.google.co.jp/ime/」からgoogle日本語入力をダウンロードします。

Mac 20150211 103

「同意してインストール」をクリック。

Mac 20150211 104

ダウンロードが自動で開始されます。

Mac 20150211 105

ダウンロードが終わると「Safari」のウィンドウ右上に表示されるのでこれをクリックして開きます。

Mac 20150211 107

Google日本語入力のインストール

ダウンロードしたファイルをクリックして展開。

Mac 20150211 108

展開したファイルをダブルクリックします。

Mac 20150211 109

「OK」をクリック。

Mac 20150211 110

「続ける」をクリック。

Mac 20150211 111

「続ける」をクリック。

Mac 20150211 112

「インストール」をクリック。

Mac 20150211 113

ログインパスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリック。

Mac 20150211 114

インストールが始まります。。

Mac 20150211 115

Google日本語入力を有効にして「続ける」をクリック。

Mac 20150211 116

インストールが完了。「閉じる」でウィンドウを閉じます。

Mac 20150211 117

キーボードの「かな」キーを押すと無事Google日本語入力が有効になりました。

Mac 20150211 120

Mavericksの時は結構苦労した記憶があったんですが、今回はすんなり有効になってくれました。Google日本語インストール後でもメニューバーからもともとの「日本語IM」も使うことができますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク