LINE8.5.0で起こったアプリが起動しない不具合を直す方法について[LINE 8.5.1]

2018年4月18日公開された、iOS版LINE8.5.0でLINEアプリが起動しなくなる、フリーズする、真っ暗になる等の不具合を解消する新バージョンLINE 8.5.1が公開されました。

スポンサーリンク

LINE 8.5.1 で不具合が解消

2018年4月18日の公開の「8.5.0」ではアップデートしたユーザーが大変な思いをしたようですが、このバージョンアップでなんとか起動するようになったようです。

LINE 8.5.1 にアップデートしてみた

不具合が解消されたということで実際にバージョン8.5.1にアップデートしてみました。

LINEアプリの設定からバージョンを確認できます。

最新バージョンと表紙されている部分をタップするとAppStoreに切り替わるので、LINEをアップデートすることができます。

2018年4月19日22時26分にアップデートしてみましたが、かなりダウンロードが遅いようです。みんなが一斉にダウンロードしている影響でもあるんでしょうか。

30分近くかけて、アップデートが完了。

LINE バージョン 8.5.1 になりました。

が!何故かバージョン表示は「8.5.0」のままですね。これはバグなんでしょう。きっと・・・

変だなと思い、iPhone を再起動して再びAppStoreを確認してみると、もう一回バージョンアップで切るようです。最新の8.5.1があるのに何故か8.5.0にアップデートされたようです。

気を取り直して、もう一回アップデートします。

今度はしっかり「8.5.1」になりましたね。

このとおり、不具合は発生しませんでした。

しかし、8.5.0 以前のバージョンをお使いで、何も不具合がないのであれば、すぐにバージョンアップしないでそのまま使うのがおすすめです。

スマホ等のアプリやOSはバージョンアップがあっても、すぐに更新するのはリスクが大きいので、今後は自動更新等の設定を見直すのがいいですね。

LINEアプリの自動更新をオフにする設定方法について

もし、iOSの100MB以上のアプリがダウンロードできない制限に引っかかった場合は、こちらの記事を参考にしてください。

iPhoneで100MB以上のアプリをダウンロードする方法について

スポンサーリンク