iPhone版LINEでハロウィンと打つと画面が暗くなる隠し機能について

2017年10月27日現在、iPhone版(iOS版)LINEで「ハロウィン」や「仮装」と打つと、画面が暗転しハロウィン仕様になる隠し機能が発生しているようです。

スポンサーリンク

LINEがハロウィン仕様になる仕掛けについて

LINEのトーク画面に「ハロウィン」と文字を打って送信すると、画像のようなハロウィン仕様の花火が上がるようになっているようです。

この現象は、今年の8月ころに、「花火」と打つと花火が打ち上げられた隠し機能のハロウィン版だと思います。

今回は隠し機能の絵柄は一種類ではなく、下の画像のように「ブラウンバージョン」と「ハロウィンかぼちゃ」「ムーンバージョン」バージョンの3種類が確認できました。

ハロウィン隠し機能の期間について

この隠し機能がいつまで続くのかですが、ハロウィンは10月31日までですので、10月31日を過ぎるとこの機能は終了すると思います。

おそらく、11月1日の未明くらいまでは出来るのではないでしょうか。

まとめ

夏の花火に続いて、LINEの隠し機能に「ハロウィン」バージョンも登場しました。

おそらく10月中限定の機能だと思われるので、今うちに友達に送ってしまいましょう(笑)

関連記事

「ハロウィン」以外でもハロウィン仕様になる言葉が見つかりました。

詳しくはこちらの記事からどうぞ。

2017年10月27日現在、iPhone版LINEで「ハロウィン」とトーク画面で打つとトーク画面が「ハロウィン仕様」になる隠し機能(...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク