LINE7.11.1でスタンプのサジェスト(予測変換)ができない不具合について

先日の「7.11.0」アップデートで不具合を出しまくったiPhone版LINE(ライン)ですが、その後修正したバージョン「7.11.1」を配信しています。

しかし、そのバージョン「7.11.1」で文字入力をした時に出てくるスタンプの予測変換候補、サジェスト機能が機能しない不具合が続いているようです。

スポンサーリンク

スタンプのサジェスト機能とは

通常LINEのトーク画面で文字入力をしていると、入力した文字にあわせて関連するスタンプをキーボードの上に表示する機能がついています。

「いいね」と文字入力をするとスタンプの候補が出ていますね。

これがサジェスト機能です。

7.11.1でサジェスト機能が表示されない

普通は上の画像のように文字入力をすると出て来るスタンプ候補ですが、LINE「7.11.1」に更新したiPhone の一部の端末では、このサジェスト機能が出てこないようです。

不具合を修正する方法は?

LINEや、iPhone の再起動を試す

通常はLINEアプリの再起動や、iPhone 自体の電源を落として再起動することでスタンプ候補が出るようになる場合があるようです。

再起動は、iPhone の電源を一度切ってから、もう一度電源を入れます。

サジェストの機能をオンにする

LINEアプリの設定の「トーク」からサジェスト表示がオンになっているのを確認します。

なっていない場合はオンにして、言語の中も確認してみます。

このようになっていれば正常です。

さいごに

何度も不具合を繰り返しているLINEですが、通信手段としてかなり重要な位置にあるアプリなので、もう少ししっかりした対応をして貰いたいところですね。

LINEが不具合を起こした時の対処方法は、ことらの記事で解説しています。

参考にしてみてください。

いつも使っているLINEが突然使えなくなったら、かなり困りますよね。 現代社会では、電話がつながらないことよりも大問題かもしれ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク