[iOS8] 本日公開の「iOS8.0.2」にOTAアップデートしてみました

本日公開された「iOS 8.0.2」に iPhone5s をアップデートしてみました。

今回は単体で実施する「OTA アップデート」を試してみます。

Ios8 20140926 020

スポンサーリンク

パソコンを使わずにアップデートする「OTAアップデート」は「Wi-Fiネットワーク」に接続されている必要があるので。「Wi-Fi」をオンにします。

Ios8 20140926 001 1

Wi-Fi をオンにしたら。「設定」アプリの「一般」「ソフトウェアアップデート」を開きます。

Ios8 20140926 000 1

「iOS 8.0.2」へのアップデートが可能になっていますね。ダウンロードファイルは72.8MB。

「ダウンロードしてインストール」をタップします。

Ios8 20140926 002 1

パスコードを設定している場合は、パスコードを入力します。

Ios8 20140926 003

ソフトウェアアップデートが開始されます。

Ios8 20140926 004

「同意する」をタップします。

Ios8 20140926 005 1

「同意する」をタップします。

Ios8 20140926 006

アップデートの要求開始。

Ios8 20140926 009

ファイルのダウンロードが始まります。

Ios8 20140926 010

続いてアップデートの準備中になります。

Ios8 20140926 011

「インストール」をタップします。

Ios8 20140926 013

アップデートを検証中。この後 iPhone が再起動します。

Ios8 20140926 014

iPhone の画面にいつものリンゴマーク。

Ios8 20140926 021

再起動後、アップデートが終了。

Ios8 20140926 016

「iOS 8.0」から「iOS 8.0.2」へのアップデートなので見た目は全く変わりません。

Ios8 20140926 017

バージョン表示は、8.0.2(12A405)となりました。

Ios8 20140926 018

アップデートに要した時間はファームウェアのダウンロードからアップデート終了まで14分でした。今回はマイナーアップデートなのでそんなに時間がかからないんでしょうね。

僕は、「iOS 8.0」へのアップデートの際、ユーザーデータを完全に消去してアップデートする、クリーンインストールをしていた為か、「iOS 8.0.2」にアップデートしても特に体感することはありませんでした。

まだまだ、「iOS 8.0.2」はリリース直後の為、不具合が出てくる可能性は多いにあると思います。アップデートをするのは1〜2週間程度経って、不具合が解決されてからするのがお勧めですよ。

※「iOS 8.0.2」は以下のデバイスに対応しています。

iOS 8 対応機種

  • iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone5s、iPhone5c、iPhone5、iPhone4s
  • iPad 2、iPad 3、iPad 4、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retina
  • iPod touch (第5世代)

おすすめ記事

iOS 8 のいろいろな設定や使い方、不具合などを紹介しています。

▼ iOS 8 関連記事まとめ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク