iPhoneやiPadなどのiOSアプリをバックアップする方法

こんばんは、くろさるです。

iPhoneでApp Storeを操作していると、いつもは自動でバージョンアップしていないのに、うっかりバージョンアップしてしまったとか、バージョンアップしたのだけれど、使い勝手が悪くなった、バグが多くて使い物にならない等の不具合は少なく無いですね。

Ipa bu 012

スポンサーリンク

こんな時、アプリのバージョンを元に戻せると便利なのですが、通常の使い方では元には戻せません。

しかし、iTunesを使ってアプリをバックアップしておくと、いつでもバージョンアップ前の状態に戻したり、購入後にApp Storeで配布中止されてしまったようなアプリでも再インストールして使うことができるようになります。

iTunesを使ってアプリをバックアップする方法

まず最初に、iPhoneとiTunesを同期させます。

Ipa bu 001

すると、iPhoneで購入したアプリがiTunesにコピーされます。

Ipa bu 002

この状態から、バックアップしたいアプリをドラッグしてコピーします。「Cloud Player」というこのアプリは現在App Storeでは削除されてしまって配布されていません。このようなアプリでもバックアップしておくと、iPhoneを初期化してしまってもあとから再インストールすることが出来ます。

Ipa bu 004

同様に、他のアプリもコピーしてしまいました。これでアプリのバックアップは完了です。バックアップしたファイルはドコか安全なところに保存しておくといいでしょう。バックアップしたアプリの拡張子は「ipa」となっています。

Ipa bu 005

アプリのバージョンを戻す方法

次はアプリのバージョンをダウングレードする方法です。

先ほどiTunesとiPhoneを同期したので、iPhoneとiTunesの両方にアプリが保存されています。この2つのアプリをどちらも削除してしまいます。

ここでは、iPhoneとMacはケーブルを抜いておいたほうがいいでしょう。

iTunesのアプリはこの様に右クリックまたは、コンテキストメニューから削除することが出来ます。

Ipa bu 023

iPhone側も、アプリを長押ししてアプリ編集モードで「X」をタップしてアプリを削除してしまいます。

Ipa bu 016

iPhoneとiTunesのどちらからもアプリを削除したら、元に戻したいバージョンの「ipaファイル」をiTunes内にドラッグしてコピーします。

Ipa bu 022

ここで、MacとiPhoneを接続します。

次に「App」タブからイントールしたいアプリの「インストール」をクリックして「同期」をクリックします。

Ipa bu 011

同期が完了するとiPhoneにアプリがインストールされました。

Ipa bu 020

ダウングレード前にバージョン「7.3.3」だったEvernoteも、

Ipa bu 015

バージョン「7.3.2」に戻すことが出来ました。

Ipa bu 021

これでお気に入りだったアプリのバージョンにいつでも戻せるようになりました。

今回バックアップした「ipaファイル」は、購入したApple IDに紐付けされているので、同じApple IDで登録されたiOSデバイスでしか使うことが出来ませんのでご注意ください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク