iPhoneをiTunesを使ってバックアップするやり方について

スポンサーリンク

iPhone(アイフォン)をバックアップするには、パソコンを使った方法と、iCloudを使った方法がありますが、今回はパソコンを使ってiTunesからバックアップする方法について紹介します。

 

iTunesからiPhoneをバックアップ

まず、パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続します。

 

すると、iTunesがインストールされていれば自動的に、iTunesが起動します。

起動しない場合は、iTunesを手動で起動してください。

 

iPhoneがiTunesに認識されたら、画像のようにiPhoneのアイコンが表示されるので、これをクリックします。

 

バックアップについては概要の赤枠の部分で操作します。

 

拡大図です。

「このコンピュータ」を選択して「今すぐバックアップ」をクリックするとパソコン内のハードディスクにiPhoneのバックアップが作成されます。

 

バックアップが開始すると「”iPhone”をバックアップ中」と表示されます。

 

バックアップが終了するとリンゴマークが表示されます。

 

バックアップパスワードの設定が必要になりますが、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてバックアップすると、iPhone内のパスワードや、ヘルスケア歩数データ等のデータもバックアップできるのでおすすめです。

 

 

バックアップデータを復元する方法

バックアップしたデータを復元するときは、iPhoneとパソコンを接続してから「バックアップを復元」をクリックします。

 

そのまま「復元」をクリックすると最新のバックアップデータが復元されます。

 

最新のデータではなく、過去のバックアップを使いたいときは、プルダウンから復元したいデータを選択することができます。