iOS 10.3.3 を 10.3.2 にダウングレードしてみた!まだまだSHSHは発行中だった!

こんにちは、くろさるです。

ファームウェアが「 iOS 10.3.3 」の状態の iPhone6s を「 iOS 10.3.2 」にダウングレードしてみました。

スポンサーリンク

通常ファームウェアを更新したiPhoneは更新する前のバージョンに戻せないと思っている人も多いと思います。

しかし、アップルがファームウェアを発表した後の一定期間は、一つ前のバージョンになら戻すことができるんです。

iOS のファームウェアをインストールするためには、アップルから発行されているSHSHという暗号鍵みたいなものが必要なんですが、このSHSHは新しいファームウェアが出た後も前のバージョンのSHSHが期間限定で発行されているんです。

現在最新のファームウェアである「iOS 10.3.3」が公開されたのは2017年7月19日でしたね。

それから2週間程度経過した現在でもSHSHがまだ発行されているので、今日でもまだ「iOS 10.3.2」のダウングレードできるというわけなんです。

さっき試しに「iOS 10.3.3」にアップデートしてみましたが、近々脱獄もできるかもしれないということで、脱獄に必要なバージョン「iOS 10.3.2」にダウングレードすることにしてみました。

まずダウングレードするために、「iOS 10.3.2」 のファームウェアをネットからダウンロードしてくる必要があります。

ファームウェアアップルのサーバーからダウンロードすることが出来ます。

IPSWのダウンロード先はグーグル先生に聞くとすぐにわかりますよ。

iPhone6s用のファームウェアをダウンロードしてきました。

機種ごとにファイルが違うので自分の端末用のファームウェアをダウンロードします。

拡張子が「IPSW」というファームウェアのファイルです。

iPhone6sの場合は「iPhone_4.7_10.3.2_14F89_Restore.ipsw」というファイルでした。

IPSWをダウンロードしたら、iPhoneをパソコンにライトニングケーブルで接続してiTunesを起動します。

iPhoneが認識されたら、このアイコンをクリックします。

次に「概要」のiPhoneを表示している画面でWindowsパソコンの「Shift」キーを押しながら「iPhoneを復元」というボタンをクリックします。

※Macの場合は「alt/Option」キーになります。

するとファイル選択画面になるので、先程ダウンロードしたファームウェアのファイルを選択します。

ファームウェアを選択して、「開く」をクリックします。

ファイルを選択すると、ポップアップが開くので「復元」をクリックします。

するとiTunesの上部に「ソフトウェアを抽出中」と表示されます。

色々ステータスが変わっていきます。

その間、iPhone はこんな状態です。

iTunes でこの表示が出ると復元は終了です。

OKをクリックします。

iTunse の画面は通常の状態になりました。

iPhone が再起動しました。電波はまだ掴んでいないようです。

少し待っていると、電波をキャッチ!

この後は通常通り初期設定をしていきます。

設定完了。

バージョンを確認してみると無事「iOS 10.3.2」にダウングレード出来たことがわかりますね。

iOS 10.3.2 のSHSHはいつまで発行されているのかわかりませんので、ダウングレードしたい場合は、すぐに実行した方がいいですね。

過去には1ヶ月近く発行されていたこともあるようですが、今回は既に2週間以上経っています。いつ発行終了になってもおかしくないですよ~!

追記

2017年8月10日に「iOS 10.3.2」のSHSHの発行は終了してしまいました。

iOS 10.3.2 の SHSH が発行終了!ダウングレードが不可能に!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク